ドラッグストア監修の健康食品と病気の予防の関係についての考察

健康食品と病気の予防の関係についての考察

「健康食品」に明確な定義はないようですが、健康の維持や増進、病気の予防を目的とした食品で、例えば、青汁や黒酢など昔から親しまれている物から、最近では、食事だけでは摂取しきれない栄養素を補う錠剤まで幅広いものがあります。「機能性食品」とは、通常の食品に、ある特性を人工的に強調し、おいしく食べてなおかつ病気を予防することを目的とした食品のことです。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

カルシウムが強化されたあめや、ビタミンが強化されたジュースなど、いろいろな食品が出まわり、ますます種類もふえています。 薬は使う量が決まっていますが健康食品には規制がないため、取りすぎや、食中毒(薬ではないので副作用とは言わない)など、体に負担がかかることもあります。例えば、水に溶けやすいビタミンCは飲んでも体外に排出されやすいのですが、溶けにくく油に溶けやすいビタミンAやDは、取りすぎると体内に蓄積されて過剰症になってしまうこともあります。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

これらの食品を、健康保持、成人病や老化の予防を期待して沢山食べても、一方で不健康な生活をしていれば結局は医療の世話になるわけです。健康食品や機能性食品に頼らず、規則正しい生活とバランスのとれた食事(一日に30品目)が健康の秘訣です。

 

何事も適量で行うことにより、病気の予防にもなり健康に向かう第一歩であるといっても過言ではありません。

 

薬剤師 募集