ドラッグストア監修の特定保健用食品についての解説ページ

特定保健用食品についての解説ページ

特定保健用食品は生活習慣病の罹患を回避できるように工夫した食品で、厚生労働省が「保健の用途・効果」を表示することを許可した食品です。特定保健用食品は身体の生理学的機能等に影響を与える保健機能成分を含んでおり、血圧、血中のコレステロール、お腹の調子などが気になる方が、健康の維持増進や特定の保健の用途のために利用していただく食品です。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

保健の効果を表示する場合には、国において個別に生理的機能や特定の保健機能を示す有効性や安全性等に関する科学的根拠に関する審査を受け、許可を受けることが必要になります(健康増進法第26条)。許可された食品には、厚生労働大臣の許可証票がつけられています。保健機能食品制度は2001年4月より始まりました。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

また表示方法としては保健機能食品 (特定保健用食品)である旨、2) 許可又は承認を受けた表示の内容→添付文書への記載でも可、3) 栄養成分量及び熱量、4) 原材料の名称、5) 内容量、6) 1日当たりの摂取目安量、7) 摂取の方法及び摂取する上での注意事項、8) 1日当たりの摂取目安量に含まれる機能表示する成分の栄養所要量に対する割合、9) 調理又は保存の方法に関し特に注意を必要とするものはその注意事項、10) 許可又は承認証票 などです

 

薬剤師 募集