ドラッグストア監修の健康食品の生理作用についての解説ページ

生理作用

健康食品を摂取して何かの効果を期待する場合、その成分含量が何らかの生理作用を起こす量に達していなければ期待する効果は得られませんが、有害な作用が起こる可能性も低いといえます。

 

一方、含有成分が何らかの生理作用を発現する量に達していれば、期待する効果は得られるでしょうが、過剰摂取や、利用者の体質などによる有害な影響(アレルギー症状や胃腸障害などの健康被害)が生じる可能性も出てきます。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

成分の含有量が不明確ですと、医薬品との相互作用を想定する場合にも大きな障害となります。

 

なぜなら、有効性や安全性の判断と同じく、成分含量が明確でなければ、食品と医薬品との相互作用が正確に判断できないからです。「病院で薬をもらっているが、もっと早く、よくなりたいので、主治医に黙って健康食品を買って食べている」という方は、特に注意が必要です。

 

製品中に含まれている成分量がわからないときには、「薬の服用と同時進行でその健康食品を食べた結果が、よくなるのか、変わらないのか、悪くなるのか、薬との相互作用はどうなのか」、といった点にはしっかりと注意しないといけません。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸